パソコン 肩こり

パソコン 肩こり

パソコンを長時間使う仕事の最大の難点は“肩こり”です。肩こりを軽減するパソコングッズをご紹介。

キラキラ★ショッピング > パソコン 肩こり

パソコン 肩こり 対策

30代後半位から、パソコン仕事をしていて肩こりを感じるようになりました。
最近は肩こりだけでなく頭痛や吐き気もあります。
私の場合、パソコンのキーボードも原因の一つですが、
肩こりの最たる原因は「マウス」でした。

自分の手にあったマウスを選ぶことが重要になりますが、
ポイントは“大きさ”と“重量”です。

自分の手にあったサイズでないと、指から肩・背中にかけて
筋が張って疲れますし、また、ワイヤレスマウスの大きな欠点は、
電池の分だけ重くなることです。もちろん軽いほうが疲れません。

今のマウスは単3電池2本が主流となっていますが、
私のお薦めは電池1本で動く軽いマウスです。


▲左は一般的な大きさ、右の小さい方が「モバイル マウス」です。
手の小さい方はモバイルマウスがお勧めです。

▼キーボードは人間工学に基づいた開発されたものに買い換えました。


盤面が波打っていて、手を楽に置けるように工夫がなされています。
平面のキーボードよりも腕の疲労がだいぶ楽になりました。
これでも疲れる場合は、椅子とパソコンデスクの高さを調節して疲れない位置を見つけます。
また、モニタの角度も重要で、角度は目線がやや低めになるように調整すると良いです。
パソコン周りの環境を整えることで、肩こりが軽減されるはずです。

“頭痛”や“吐き気”を伴ってくると、もう仕事どころじゃなくなりますよね。
これはただの肩こりではなく、“疲れ目”とダブルの可能性が高いです。
よって、目を休ませたり、遠くを見たりするという休息が必要です。

肩こり パソコン 解消

なぜ肩が凝るのかというと、長時間パソコンの前で同じ姿勢を続けていて、
筋肉が固くなり血流が悪くなってしまうためです。
だから、どんなに良いアイテムや磁気ネックレスなどを使っても、
長時間パソコンの前に座っていたら肩は凝るのです。

これに対する解消法といったら、運動とストレッチ。
根本的な解決方法はこれしかありません。
デスクワークの場合は、1~2時間おきにストレッチをするのが最も効果的です。
また、ヨガやウォーキングも有効です。

スポーツジムやヨガ教室に通うのが健康のためにベストですが、
時間がない場合は、エクセサイズDVDを見ながら家で実践するとよいです。
また、私の場合は“まくら”が合っていないのも原因の一つだったので、
“まくら”を代えてみたところ、疲れが残りにくくなりました。

パソコン 肩こり トップへ戻る